個人ネットショップにおすすめのD2Cとは?わかりやすく解説します

個人ネットショップにおすすめのD2Cとは?どんな人におすすめのビジネスか解説

 

最近よく聞く『D2C』というビジネスモデル。

海の向こうのお話かと思っていたらやっぱり日本のD2Cブランドも出てきました。

また近年では、スマホやSNSの台頭により企業と個人のつながりが容易になったことで、D2Cというビジネスモデルを構築しやすくなったこともありさらにその認知度が拡大しつつあります。

しかしながら、いまだ一般的とは言えないこのD2Cというビジネスモデルですが、このD2Cの中身を正しく理解することで中小零細、個人のネットショップさんでも十分そのノウハウを活用して頂けます。

特に、

なかなか売上が上がらない
売上が安定しない
固定客がつかない

というお悩みをお持ちのネットショップ、ECサイト様にとって、今後のショップの運用や方針を決めるうえで大きなヒントになるお話になるかと思います。

今日は、この『D2C』についてわかりやすく解説しますので、みなさんのネットショップやECサイト運営のお役に立てていただきたいと思います。

 

D2Cとは?B2Cや従来のネットショップとの違いは?

D2Cとは?B2Cや従来のネットショップとの違いは?

D2Cとは?B2Cや従来のネットショップとの違いは?

D2Cとは『Direct to Consumer(D to C)』の意味で、商品を製造するメーカーが商品をお客様に直接ECサイトで販売するビジネスモデルのこと。

従来のB2C(B to C)との違いが気になるところですが、例えば化粧品や食品といった商品を製造したメーカーがエンドユーザーに商品を届けるまでには卸や小売店といった仲介業者を経ていました。

このD2Cではこれらの商品を製造したメーカーが、卸や小売店といった仲介を介することなくエンドユーザーに直接販売するという販売経路になるわけです。

このように、D2C自体は何も斬新で画期的なビジネスモデルではない、ということがお分かりいただけるかと思います。

では、ECとD2Cの違いは何かと言えば、EC=E-commerce(電子商取引)、いわゆるインターネットという通信を経て行われる商取引であり、当然D2CもこのECに含まれる、ということになります。

いろんなメディアで、『D2Cは自社商品を取り扱うが、ECでは他社商品の仕入れ、販売を行う』と書かれていますが、そんなことはお客様には一切関係ないのでD2CはECに含まれる、とだけご理解ください。覚えなくてもいいです(笑)。

 

D2C企業の成功事例

D2Cで成功した起業の成功事例を見ることで、D2Cというビジネスモデルの特徴やメリットなどが浮き彫りになります。
海外のD2C企業3社と日本のD2C企業3社をご紹介したこちらの記事をご覧ください。

D2Cビジネスの大きな特徴

D2C企業には従来のB2CやECサイトと比べて、単に流通経路や商品の価格面だけでなく大きな特徴があることがわかります。

顧客を魅了するストーリーや世界観がある

成功事例の中でもご紹介した『WarbyParker(ワービー・パーカー)』にはこのようなストーリーがあります。

創業者のひとりが旅行中に飛行機の中で眼鏡をなくしたことに気が付き、視力が低い彼が眼鏡を買おうとしましたがあまりに高くて旅行先では眼鏡をせずに大変な苦労をしたそうです。

眼鏡の価格に疑問を持った彼は、業界のある1社がほぼ独占的に眼鏡を販売していることを突き止めて『より良質な眼鏡をより安く提供したい』と研究を続けた結果、市場価格の1/4程度にまで価格を抑えて消費者に提供することができるようになった、と言われています。

この他にも、WarbyParker(ワービー・パーカー)のブランド構築に使われているストーリーはありますが、このように自身の経験から生み出された想いやストーリーや世界観が顧客の心をつかんで離さないことは明白です。

そして、これらのストーリーや世界観は、FacebookやInstagramなど個人とつながることができるSNSによって、広く多くの人にシェアされながら認知の拡大を進めることに成功しています。

『お客様』から『ファン』へ

『お客様』から『ファン』へ

『お客様』から『ファン』へ

時にD2C企業の彼らは、顧客を自社ブランドの『ファン』として扱っています。ここにも従来のECビジネスと大きな乖離があります。

日本において、既存のECプラットフォームに集まるエンドユーザーたちの多くは、ポイントや支払い方法など多くのメリットを提供してくれるプラットフォームのファンであることが多く、そこに出店しているネットショップ、ECサイトのファンと言えるユーザーはごく少数です。

その証拠に、プラットフォームに出店している店舗で購入したエンドユーザーの中には、『自分がショッピングをしたショップの名前を知らない、覚えていない』という人が多いそうです。

一方、D2C企業の場合は、基本的にエンドユーザーと直接コミュニケーションをとるというビジネスモデルから、顧客の意見やデータをもとに顧客と一緒に商品やサービスを作る、価値を提供する、という活動が一般的です。

『顧客目線』という考え方はビジネスの基本ですので、何も特別なことではありません。

逆に、それだけあらゆる業界で顧客目線のビジネスが実践されていない、ということが実証されたのではないでしょうか。

また、すでに規模が大きいネットショップ、ECサイト様においては、顧客数が多いため細やかな顧客対応やコミュニケーションをとることが困難なことも想定されますので、今後のD2Cビジネス導入を検討される際には、十分議論が必要かと思います。

データ・ドリブン

上でご紹介したように、D2Cビジネスにおいてはお客様と直接対応する機会が一般的であるため、お客様の情報、データを活用した運用、経営が前提となります。
これまで、毎月1回の売上しか見ていなかったネットショップやSNSのフォロワーの数にしか興味がないECサイトなどは、これまで以上にお客様の興味、関心、悩みに真摯に向き合い、コミュニケーションをとることが、D2C導入に向けた課題になります。

●D2Cビジネスのメリット

D2Cの特徴を見て頂くと、既存のネットショップ、ECサイト様の中には導入に向けてすでに課題が見つかった方もいらっしゃるかと思いますが、それを大きく凌駕するメリットがD2Cビジネスにはあります。

顧客との距離感

顧客との距離感が大切です

 

お客様との十分なコミュニケーションは、ビジネスにおいてなんらデメリットはありません。マーケットインの観点からも、お客様が何を望んでいるか、お客様が何に困っているのかを把握することができて、精度の高いビジネスの実現を推進します。
『ユーザーは答えを知らない』というのは、かのスティーブ・ジョブズの言葉ですが、とは言え答えを知っている一定数のユーザーの存在を把握しておくことにデメリットはありません。
自分がそのお客様の立場ならどう思いますか?自分の意見や悩みに真摯に耳を傾けてくれるメーカーや企業の存在は、信頼感や安心感を与えてくれるのではないでしょうか。

安定経営の実現

お客様と強い信頼関係、人間関係でつながっているビジネスは、リピーター獲得と安定した売上の確保に直結し、LTVの最大化を可能にします。
売上を上げることも経営において非常に重要な観点ですが、それよりも重要なのは『売上をとりこぼさない』という視点です。
いくら良いブランドを立ち上げて集客に成功し、売上を最大化していっても、バケツの底に穴が空いていたのではいつまでたってもビジネスに成長はありません。
あなたのバケツの底には、穴が空いていませんか?

利益率の拡大

卸や小売店などの仲介業者を介さない、実店舗をもたずインターネットでのECサイトによる販売が主であれば、D2Cビジネスにおいて諸経費や人件費といった経費削減は十分可能です。
重要なのは、その分確保できた利益で何を行うか、という経営判断です。
価格に反映させるのか?さらに商品の品質を上げるのか?それとも、マーケティング施策を充実させて、さらに顧客の反応を得るのか?
特に、利益率が低いと言われる小規模のネットショップやECサイトの方には非常に大きなメリットになります。

意思決定が容易になる

上述同様、仲介業者を介さないということはそれらの『しがらみ』に捕らわれることなく、意思決定の場に制限が少なくなる、という点もメリットです。
特に、ビジネスの規模が大きくなるほどこれらの制限や条件が多くなり、やりたいことができない、といったストレスに苛まされます。
しかも、一度作られた『しがらみ』は多くの場合は乗り除くことが困難です。
『つまらない人間関係や上下関係で悩みたくない』とお考えのネットショップやECサイトの方にとっては、外すことができないメリットだと思います。

顧客情報を管理できる

某大手ECプラットフォームに出店すると、お客様の情報は一切こちらに開示されません。お客様が何にお困りで、どのように解決してどうなりたいのか?といったお客様の声が全くこちらに届きません。
しかし顧客と直接コミュニケーションをとるD2Cビジネスでは、この顧客情報がビジネスの生命線になります。
そして、それよりもさらに重要なのは、手元にある顧客情報やデータから『何を読み解くか?』という点です。
これまでプラットフォームに依存してきたネットショップやECサイトであれば、このスキルの欠如は今後D2Cビジネスを導入するうえで、致命的な欠点となりかねません。
顧客情報や売上データの分析や仮説検証を重ねて改善する『データサイエンス』のスキルが求められますので、しっかりと学習しておくことをおすすめします。

●D2Cビジネスのデメリット

これだけ多くのD2Cビジネスにも以下のようなデメリットが存在すると言われています。

1. 商品力が必要になる
2. 集客力が必要になる
3. 販売までに時間がかかる

販売までに時間がかかるのはD2Cに限った話ではありません

販売までに時間がかかるのはD2Cに限った話ではありません

ですが、これらはD2Cでなくともすべてのビジネスにおいて必要な要素です。
もちろん、集客力が弱い、自信がない、だからプラットフォームに出店する、というのは判断のひとつですが、プラットフォームでは得ることができないメリットがD2Cビジネスにはある、という点は先ほどお伝えした通りです。

私個人的には、D2Cは何の変哲もない『お客様主体の当たり前のビジネスモデル』と考えていますので、集客力も商品力も自分次第というのも当然と考えています。
むしろ、それらのビジネスに必要最低限のスキルを他社に依存しようとしている時点で、脆弱なビジネスモデルになってしまうのは、仕方がないのかもしれません。

●まとめ D2C型ネットショップ、ECサイトは個人の方におすすめ

今、話題のD2Cビジネスの特徴やメリット、デメリットをご紹介いたしました。
D2Cを導入するかどうかを検討する際には、『将来、どんなネットショップやECビジネスを構築したいのか?』を決める必要があります。

すでに大きな顧客を抱えている法人様などがD2Cを導入する際には、多くの課題が山積しているかと思いますが、D2Cが導入で来た際にはまさに『鬼に金棒』状態になるのではないでしょうか。
一方、資金力も顧客数も少ないネットショップやECサイト様は、小さいからこその小回りの良さ、判断の速さが武器なので、今からでも長期的な視野をもってD2C導入のご準備を進めておくことをおすすめします。

アメリカでは、個人で立ち上げたD2Cブランドを大手が買収する事例が多くあります。
なぜなら、大手は数千万円、数億、数十億程度の小さいマーケットを獲得するのに時間と費用をかけません。
しかし、数千万円、数億規模でも個人や中小零細のネットショップやECサイトにとっては十分な市場です。

自分の強みを生かして社会を変えたい。
目指す理想の社会の実現に向けて従業員やお客様と一丸となってビジネスを進めていきたい。
自分が理想とする健全で安心なビジネスを作りたい

そうお考えのネットショップ、ECサイト様にとって、D2Cビジネスは十分導入を検討されてもよいビジネスモデルだと思います。
今後もこちらのサイトでは、D2Cビジネスを設計、構築するためのノウハウや有益な情報を配信してまいりますので、引き続きご覧いただけましたら幸いです。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

個人ネットショップにおすすめのD2Cとは?どんな人におすすめのビジネスか解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です