【ネットショップ業界の闇と光 3】売れないネットショップの自立法

ネットショップの自立を妨げる業界の闇から抜け出すたった1つの方法

さて、前回は、私たちネットショップが直面している絶望的な危機を乗り越えるには、自らが集客やマーケティングを学んで『自立する』以外、生き残る道はない、というお話をさせていただきました。

自立することにより、大手ECポータルやインスタントECに依存しないビジネスが可能になりますが、実は私たちネットショップの自立を許さない『見えない壁』が存在します。

  • 私たちの自立を阻む『壁』とは何か?
  • その『壁』の存在に気づき、乗り越えるためにはどうすればいいのか?
  • そして最後に、その『壁』を乗り越えた先にはどんな未来があるのか?

という点についてお話を進めていきたいと思います。

今日も最後までお付き合いください。

 

売れないネットショップの自立を阻む壁の正体

それは何と言っても、『ネットショップの自立につながるサイトやブログ、情報が少ない』こと自体が自立を阻む壁であり、闇とも言える部分です。

ネットショップ関連のキーワードで検索した時の検索結果は、ほとんどがショップカート業者や制作業者のページ。

  • うちのショップカートがいいですよ!
  • うちのカートやサービスのウリはこれですよ!

みたいな。

 

まあ、検索結果で上位表示されるのは企業さんのサイトですからね。

では、ネットショップが自立してひとり立ちするためには、どんな情報が必要なのでしょうか?

ネットショップが自立するための情報
  • 集客
  • マーケティング
  • 売上や利益を上げる方法
  • お客様の導線
  • リピーターの作り方
  • 収益管理の方法
  • 自動化、効率化の方法
  • マインド

思いつくだけ挙げても、これだけ情報があります。

さらに、これらを細分化して具体的にお伝えするにはもっと数は増えるでしょう。

しかし、既存のネットショップ関連のブログやサイトでこれらを総合的に発信しているものはありません。

 

なぜでしょう?

 

その答えは簡単で、ネットショップに自立してほしくないからです(笑)。

企業や業者さんは、お客さんに自立されては困るんです。

自社のブログやサイトを見続けて、お金を払い続けてもらうことこそが彼らの『ビジネス』です。

 

でもこれは、ネットショップに限らず多くのビジネスはお客様を依存させることで成立するので、自立させるような情報やサポートはしようとしないのかもしれませんね。

 

おそらく、ネットショップを自立させるための情報は、今後も待っていても誰も発信しません。

発信者側に『ビジネスメリット』がありませんから。

売れないネットショップが自立を目指すのためのブログ

私は今でさえ、ネットショップ歴16年というキャリアがありますが、ここまで続けることができたのは『自立』できたからだと思います。

しかし、そんな私も独立当初は自立どころか、明日を生きることができるかどうかもわからないくらい暗中模索の日々を送っていました。

中山の黒歴史はこちらから

中山和彦のプロフィールとこれまでのストーリー

あの時は、本当に怖かった。

生きているのが怖かったんです。

独立後は明日の生活の保証もないから不安と恐怖と絶望で動悸が起こり、自分のやることに全く自信を持つことができない毎日を過ごしていました。

でも、私がこうして自立できたのは、知識や技術があったからではありません。

 

今の生活を変えたい。

こんな不安や恐怖、絶望に怯える毎日はイヤだ!

子供たちに夢に向かってもっと楽しく生きる姿を見せたい!

子供たちが毎日希望をもって生きていける社会にしたい!

 

そう考えて小さな一歩を踏み出す『勇気』があったから今があると思います。

それは、『私は変わる、自分の人生を変えて見せる』と決めた『勇気』でもありました。

 

きっと今も、当時の私のような思いで毎日の生活に怯えている人もいるかと思います。
きっと今も、当時の私のように未来に夢も希望も持てない人もいるかと思います。

でも、すこしだけ勇気を出して、一緒に学んで一緒に行動してみませんか?

明日も今日と同じ未来、というのはあなたの誤解です。
今日、あなたが行動を起こすことで明日の未来は変わります。

私はこの『下町ネットショップ』というブログを通して、大手ECポータルの搾取に悩み、集客や売上に悩む日本中のネットショップが自立するために必要な情報をすべて発信していきます。

 

まとめ 売れないネットショップが自立した先にある未来

これまで私は『ネットショップがビジネスとして成功するには自立するしか方法がない』と提唱していますが、この先ネットショップ業界自体がどのように変わっていくのか?

自立することで何かメリットがあるのか?という点についてお話します。

 

皆さんご存じのように、今世界中でクラウドやITをはじめAI、5G、ブロックチェーンなどあらゆる技術が発達し、それによりこれまででは考えられなかった製品やサービスが流通しています。

 

AIの進化により、音声文字入力や自動翻訳もどんどん精度が上がって製品化は加速するでしょう。

5Gの進化により、通信速度はさらに高速化し短時間で大量の情報と便益を私たちにもたらします

そして、ブロックチェーンといった技術も、仮想通貨だけでなくトークンエコノミーやセキュアな通信が求められる分野でさらに活躍するでしょう。

 

わかりやすく楽しくブロックチェーンや仮想通貨を学べる動画はこちら

 

 

そして、これらの技術は当然のようにこのネットショップ業界においても新たなサービスをもたらします。

 

簡単に予想できるところでは、これらの自動翻訳や仮想通貨もネットショップやECというビジネスには非常に親和性が高いため、自動翻訳や仮想通貨でのECビジネスはさらに加速します。

過去にインターネット、ITが進化したことで、世界中の『距離の壁』がなくなってECという新たなビジネスが誕生しました。

 

そして今、同じように自動翻訳や仮想通貨の台頭により『言語の壁』と『通貨の壁』が無くなろうとしています。

これは完全に、一個人が『世界市場』でビジネスができるようになることを意味します。

 

そんな時も、あなたが大手ECポータルの傘の下でビジネスをしていても、間違いなくその恩恵はあなたにありません。

自らの足で立って自立しているからこそ、何のスキルも知識もない一個人が世界の60億市場でビジネスを展開することができるのです。

『自立』することは、これから訪れる未来の大きなビジネスチャンスをつかむうえでの『条件』となるはずです。

 

もちろん、これは私の個人の予想です。

そうならないかもしれません。

 

でも、こんな私でも考えられるこの程度のことは、もっと頭のいい人はもっと有益なことを思いついてすでにチャレンジしているはずです。

もっと大きなビジネスチャンスを作ろうと、今もがんばっていると思います。

 

今、日本が不景気と言っていてもEC業界は右肩上がりの業界です。

何もGAFAのような世界を牛耳るビジネスを始めましょう!って話ではありません(笑)。

私たちが理想のビジネスやライフスタイルを実現する、ワクワク楽しく生きていく可能性がかなり広がりますよ、という話です。

 

産業革命以降、科学技術は二次曲線的に進化し、それに比例して私たちの文明も加速度的に変化しているので、子供たちが成長して大人になる時には、もうすでに相当世界が変わっていると思います。

下町ネットショップで、ひとりでも多くの方がワクワクして楽しい未来に希望をもって『勇気ある一歩』に貢献できることを心から望んでいます。

ネットショップの自立を妨げる業界の闇から抜け出すたった1つの方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です